ヤタイやし (ヤタイ椰子)

Butia yatay

Butia yatay

Butia yatay

Butia yatay

Butia yatay

Butia yatay

Butia yatay

Butia yatay

Butia yatay

Butia yatay

南アメリカのブラジル南部からウルグアイ、アルゼンチンに分布しています。「ブラジルやし」に近縁で、高さは10〜12メートルになります。葉は羽状複葉で、長さは1.8メートルほどです。小葉は青緑色で、縁には細かい棘状の鋸歯があります。果実は球形の液果で橙色に熟し、食用になります。氷点下9℃くらいの耐寒性があり、わが国でも屋外に植栽されます。 
ヤシ科ブラジルヤシ属の常緑小高木で、学名は Butia yatay。
英名は Yatay palm、Yatay。 
The Yatay palm (Butia yatay) belongs to the family Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to South America; from southern Brazil to Uruguay and Argentina. This tree is closely related to Jelly palm and can reach 10-12 m in height. The leaves are pinnate and about 1.8 m long. The leaflets are bluish-green with fine spiny toothed edges. The fruits are round berries, ripen in orange and edible. This palm is tolerant of cold about -9 degree centigrade. 
[上・中1〜2・中7] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中3・中4] 兵庫県姫路市にて、2008年10月10日撮影。
(photo by Mifune)
[中5・中6] 同上にて、2007年10月02日撮影。(photo by Mifune)
[中8・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。
 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp