やまとうばな (山塔花)

Clinopodium multicaule

Clinopodium multicaule

わが国の本州、中部地方以西から四国・九州に分布しています。山
地の木陰に生え、高さは10〜30センチになります。葉は卵形から
長卵形で互生し、縁には粗い鋸歯があります。葉柄は6〜15ミリあ
ります。6月から8月ごろ、茎頂に短い穂状花序をだし、白い唇形花
を咲かせます。上唇は2裂、下唇は3裂し、萼にはまばらに毛が生え
ます。
シソ科トウバナ属の多年草で、学名は Clinopodium multicaule。
英名はありません。
奈良県上北山村小橡「大台ヶ原」にて、2005年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp