やまうこぎ (山五加)

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

Acanthopanax spinosu

わが国の北海道西南部以南から本州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。山野に生え、高さは3メートルほどになります。枝には棘があり、葉は掌状複葉で互生します。5月ごろ、球形の散形花序に小さな黄緑色の花を咲かせます。果実は秋に黒く熟します。新芽は食用になり、うこぎ飯などに利用されます。 
ウコギ科ウコギ属の落葉低木で、学名は Acanthopanax spinosus。
英名はありません。 
The "Yama-ukogi" (Acanthopanax spinosus) belongs to Araliaceae (the Ginseng family). It is a deciduous small tree that is distributed southward from southwestern Hokkaido to Honshu, the Korean Peninsula, and China. This tree grows in fields and mountainous areas and can reach about 3 m in height. The branches have spines, and the leaves are palmately compound and alternate. Small yellowish-green flowers bloom on the spherical umbels in May. The fruits ripen black in fall. The leaf buds are used as a wild vegetable in Japan. (edit by Greg Brockelbank) 
[上・中1〜2] 長野県松本市内田にて、2006年06月02日撮影。
[中3] 同上にて、2007年07月11日撮影。
[中4] 岐阜県多治見市富士見町「内津峠」にて、
2007年04月12日撮影。
[中5] 千葉県香取市阿玉川にて、2008年05月08日撮影。
[中6・中7] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2010年07月24日撮影。
[中8・下] 栃木県日光市中三依「湿生園」にて、
2013年08月24日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp