ヤポンのき (ヤポンの木)

Ilex vomitoria

Ilex vomitoria

Ilex vomitoria

Ilex vomitoria

アメリカの東南部から南部、バージニア州南東部からテキサス州に
かけて分布しています。海岸沿いや谷間など湿ったところに生え、高
さは6メートルほどになります。よく分枝して灌木状になり、葉は楕円
形で縁には波状の細かい鋸歯があります。春に小さな白い花を咲か
せ、秋には果実が真っ赤に熟します。葉にはカフェインが含まれ、ア
メリカインディアンの人たちは煎じて嘔吐剤や下剤に利用したそうで
す。
モチノキ科モチノキ属の常緑低木で、学名は Ilex vomitoria。
英名は Yaupon, Yaupon holly, Cassena。
Yaupon holly belongs to Aquifoliaceae (Holly family). It is an evergreen
small tree that is distributed southeast Virginia west to Texas, southeast and
south USA. This shrub occurs in moist soils of coastal area and valleys, can
reach about 6 m in height. It is much-branched and forming shrub. Leaves
are elliptic with finely wavy-toothed edges. Small white flowers boom in
spring, followed by fruits ripen red in fall. The leaves contain caffeine, and
American Indians used them to prepare a tea to induce vomiting and as a
laxative.
[上・下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2005年10月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp