やまやなぎ (山柳)

Salix sieboldiana

Salix sieboldiana

Salix sieboldiana

Salix sieboldiana

わが国の固有種で、本州の近畿地方以西から四国・九州に分布して
います。丘陵から山地に生え、高さは3〜4メートルになります。樹皮
は暗灰色です。葉は長楕円形で互生し、縁には波状の鋸歯がありま
す。雌雄異株で、3月下旬から4月ごろ、葉の展開と同時に開花しま
す。果実は刮ハで、5月に熟して裂開して白い綿毛に包まれた種子
がのぞきます。
ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木で、学名は Salix sieboldiana。
英名はありません。
奈良県御所市関谷「金剛山」にて、2006年04月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp