やまよもぎ (山蓬) [Index] [Back]

Artemisia tridentata

Artemisia tridentata

Artemisia tridentata

Artemisia tridentata

Artemisia tridentata

アメリカの西部が原産です。乾燥した大草原や山地の斜面に生え、高さは60〜360センチになります。茎は真っ直ぐで丈夫です。葉は銀灰色で、よれた3個の鋸歯があります。植物体には、強い甘い香りや苦味があります。夏の終わりまたは初秋に、小さな黄色い花を咲かせます。アメリカ先住民のひとに、スマッジングハーブとして使われています。
キク科ヨモギ属の小低木で、学名は Artemisia tridentata。
英名は Sagebrush、Big sagebush。
Sagebush (Artemisia tridentata) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial shrub that is native to western United States. This herb grows in the dry plains and mountain slopes, and it can reach 60-360 cm in height. The stems are straight and stiff. The leaves are silvery-grey, have a ragged three-toothed edge. The plant has a strong sweet smell and a bitter taste. The small yellow flowers bloom in the late summer or early fall. Sagebrush is used by Native Americans as a smudge herb.
アメリカ・オレゴン州ハンプトンにて、2013年06月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp