よもぎ (蓬)

Artemisia princeps

Artemisia princeps

Artemisia princeps

Artemisia princeps

Artemisia princeps

Artemisia princeps

Artemisia princeps

Artemisia princeps

Artemisia princeps

わが国の本州から四国・九州、それに北半球に広く分布しています。道ばたや草原に生え、高さは60〜120センチになります。根は横に走り、茎は分枝して白い綿毛があります。8月から10月ごろ、淡い紫褐色の花を下向きに多数咲かせます。春に若い芽を摘んで草餅にしたり、葉の裏にある綿毛を乾燥させてお灸に使う艾(もぐさ)にしたりします。 
キク科ヨモギ属の多年草で、学名は Artemisia princeps。
英名は Mugwort、Moxa。 
Mugwort (Artemisia princeps) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan, as well as widely in the Northern Hemispere. This herb grows on roadsides or in grasslands, and can reach 60-120 cm in height. The rhizomatous roots extend transversally. The stems are much-branched and covered with white wooly hairs. The many, pale purple-brown flowers bloom descending from August to October. The young shoot are used as a rice cake in spring. The dried wooly hairs are used as a fabric raw material of Moxa. 
[上・中1・中4] 長野県伊那市高遠町勝間にて、
2006年09月22日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2003年10月19日撮影。
[中3] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2005年07月25日撮影。
[中5・中6] 千葉県香取市阿玉川にて、2009年10月03日撮影。
[中7・下] 福島県いわき市「往生山」にて、2014年04月05日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp