よつばセンナ (四葉センナ)

Cassia fruticosa

Cassia fruticosa

メキシコの南部から中央アメリカ、南アメリカそれに西インド諸島に分
布しています。潅木状に不規則に広がり、高さは5メートルほどにな
ります。葉は羽状複葉で、小葉が4個あります。茎の先や葉腋から花
序を下垂させ、黄色い花を咲かせます。豆の莢は下剤に用いられた
り、花が風邪や糖尿病の民間薬に使われたりするそうです。
ジャケツイバラ科カワラケツメイ属の常緑低木で、学名は Cassia
fruticosa。英名はありません。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp