ようしゅせつぶんそう (洋種節分草)

Eranthis x tunergenii

Eranthis x tunergenii

Eranthis x tunergenii

Eranthis x tunergenii

Eranthis x tunergenii

Eranthis x tunergenii

Eranthis x tunergenii

ヨーロッパに分布する「きばなせつぶんそう(Eranthis cilicica)」と「おお
ばなきばなせつぶんそう(Eranthis hyemalis)」との種間交雑種です。葉
は根生して、掌状に深裂します。2月から3月ごろ、花茎を伸ばして
黄色い花を咲かせます。花弁のように見えるのは萼片で5〜8個あ
り、輪生状に苞葉がつきます。園芸上は「きばなせつぶんそう(黄花
節分草)」と呼ばれます。
キンポウゲ科キバナセツブンソウ属の多年草で、学名は Eranthis x
tunergenii。英名は Winter aconite。
Winter aconite (Eranthis x tunergenii) belongs to the Ranunculaceae (the
Buttercup family). It is an interspecific hybrid between Winter aconite
(Eranthis cilicica) and Winter aconite (Eranthis hyemalis) that are native to
Europe. The leaves are basal and divided into partites palmately. The
yellow flower blooms on the developed flower stalk from February to
March. The flower is 5-8 petaloid sepals with whorled bracts.
[上・中1] 群馬県太田市「アンディ&ウィリアムス
ボタニックガーデン」にて、2009年03月28日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年03月21日撮影。
[中3] 同上にて、2006年03月25日撮影。
[中4] 同上にて、2006年03月24日撮影。
[中5・下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp