ようしゅやまごぼう (洋種山牛蒡)

Phytolacca americana

Phytolacca americana

Phytolacca americana

Phytolacca americana

Phytolacca americana

Phytolacca americana

Phytolacca americana

北アメリカが原産です。わが国へは明治時代のはじめに渡来し、今
では各地に帰化しています。高さは1〜2メートルになり、葉は長楕
円形で互生します。6月から9月ごろ、茎の先に白色の小さな花を咲
かせます。子どもの頃、この実をしぼって絵の具がわりに遊んだりし
ました。「ごぼう」とはいっても根は有毒で、食べると吐き気や下痢な
どで苦しみます。別名で「アメリカやまごぼう(アメリカ山牛蒡)」とも呼
ばれます。
ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草で、学名は Phytolacca
americana。英名は Pokeweed, Inkberry。
Pokeweed belongs to Phytolaccaceae (Pokeweed family). It is a perennial
herb that is native to North America. This herb was introduced into Japan
in the early Meiji Era, and are naturalized widely nowadays. It can reach
1-2 m in height, and has alternate oblong leaves. During June to September,
small white flowers are seen on the terminal stems. We played at painting
with this fruits in our childhoods. Its roots are toxic, cause a nauseous or
diarrhea by eating.
[上・中1] 大阪府東大阪市上石切町「くさか園地」にて、
2005年10月24日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年07月27日撮影。
[中3] 滋賀県大津市葛川中村町「白滝山」にて、
2005年10月26日撮影。
[中4・中5] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2006年10月28日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] 愛知県幸田町遠峯「遠望峰山」にて、2007年11月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp