ユッカ・エラータ [Index] [Back]

Yucca elata

Yucca elata

北アメリカの南西部、アリゾナ州からニューメキシコ州、テキサス州西部それにメキシコ北部に分布しています。おもに砂漠に生え、高さは4.5メートルほどになります。葉は長さは30〜90センチ、幅は1.5センチ以下と非常に狭く、柔軟性があります。葉に鋸歯はなく、先端は鋭く尖り、白い葉縁に沿って細かい繊維が生えています。茎頂に円錐花序をだし、白色でベル形の花を咲かせます。若い茎や根には、石けんのようなサポニンが多く含まれ、先住アメリカ人によって石けんやシャンプーの代用品として、ふつうに使われていました。
リュウゼツラン科イトラン属の常緑低木で、学名は Yucca elata。
英名は Palmilla、Soaptree。
Palmilla (Yucca elata) belongs to Agavaceae (the Agave family). It is a small evergreen tree that is native to southwestern North America, from Arizona to New Mexico, western Texas and northern Mexico. This tree grows primarily in deserts and can reach about 4.5 m in height. The leaves are very narrow, 30-90 cm long and less than 1.5 cm wide, flexible, not toothed but sharp-pointed, and bearing fine fibers along their whittish margins. The white, bell-shaped flowers bloom in a panicle at the apex of the stem. The young stems and roots contain large quantities of soapy saponins, and they were commonly used as a substitute for soap and shampoo by the native Americans.
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2011年05月11日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp