ユッカ・ロストラータ [Index] [Back]

Yucca rostrata

Yucca rostrata

Yucca rostrata

Yucca rostrata

テキサス州南部からメキシコ北部に分布しています。ふつうは単幹で成長は遅く、高さは3.6メートル以上になります。葉は線形で鋭利な先端があります。葉は枯れても幹に残ります。春の終わりから夏にかけて、花序をだして白色の花を咲かせます。
リュウゼツラン科イトラン属の常緑低木で、学名は Yucca rostrata。
英名は Beaked yucca、Big Bend yucca。
Beaked yecca (Yucca rostrata) belongs to Agavaceae (the Agave family). It is an evergreen small tree that native to southern Texas and northern Mexico. This agave is typically with a single trunk, grows slowly and can reach up to 3.6 m in height. The leaves are linear with sharp tipped. They remain on the trunk after they die. White flowers bloom in the flowering clusters in late spring and summer.
群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、2008年09月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp