ユッカ・トレクレアーナ (トレクレ糸蘭)

Yucca treculeana

Yucca treculeana

Yucca treculeana

Yucca treculeana

テキサス州南部からメキシコが原産です。高さは2〜7メートルくらい
になり、よく分枝します。青緑色の剣状葉が密生します。12月から4
月ごろ、50〜120センチの長さの花茎をだして、クリーム色がかっ
た白い花をいっぱい咲かせます。西部開拓時代には、この葉はロー
プを作ったり、屋根を葺くのに使われたそうです。また花はピクルス
や「キャベツ」と同じように調理されました。
リュウゼツラン科イトラン属の常緑低木で、学名は Yucca treculeana。
英名は Spanish dagger, Trecul yucca。
Spanish dagger belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen
small tree that is native from southern Texas to Mexico. This tree are much
branched and can reach about 2-7 m in height. The leaves are bluish-green
sword-shaped and crowded. The long flowering stalks 50-120 cm long are
borne and bloom many white flowers from December to April. The leaves
were used as raw material of ropes or thatchings in Pioneer Time. The
flowers were also used as pickles or substitutes for cabbage.
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[下] オーストラリア・シドニー市「王立植物園」にて、
2008年03月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp