ゆきやなぎ (雪柳)

Spiraea thunbergii

Spiraea thunbergii

Spiraea thunbergii

Spiraea thunbergii

Spiraea thunbergii

Spiraea thunbergii

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州それに中国に分布して
います。中国を原産とする考えもあります。川沿いの岩の割れ目など
に生え、株立ちして高さは1〜2メートルになります。葉は披針形で互
生します。3月から4月ごろ、散形花序をだして真っ白な花をいっぱ
い咲かせます。淡いピンクの花を咲かせる品種もあります。別名で
「コゴメバナ(小米花)」とも呼ばれます。写真下は、芽吹きが黄金色
の園芸品種「黄金葉(cv. Ogon)」。
バラ科シモツケ属の落葉小低木で、学名は Spiraea thunbergii。
英名は Thunberg's meadowsweet。
Thunberg's meadowsweet belongs to Rosaceae (Rose family). It is a
deciduous shrub that is distributed from Kanto district of Honshu to
Shikoku, Kyushu of Japan, and China. This shrub occurs on rock crevices
along streams, forms a clump and can reach 1-2 m in height. Leaves are
lanceolate and alternate. True white flowers on the umbels come from
March to April. There are several cultivars with pale pink flower.
[上・中2〜3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年03月21日撮影。
[中4] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp