ゆきわりこざくら (雪割小桜)

Primula modesta var. fauriei

Primula modesta var. fauriei

わが国の本州、東北地方から北海道に分布しています。深山や海岸
の岩場などに生え、高さは5〜15センチになります。「ゆきわりそう」
の変種です。葉は広卵形で、基部が急に細くなります。6月から7月
ごろ、花茎を伸ばして、淡い紅紫色の花を咲かせます。
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula modesta var.
fauriei。英名はありません。
'Yukiwari-ko-zakura' (Primula modesta var. fauriei) belongs to Primulaceae
(Primrose family). It is a perennial herb that is native to Tohoku district of
Honshu and Hokkaido, Japan. This herb occurs in deep mountains or
coastal scrags and can reach 5-15 cm in height. This species is a variety of
'Yukiwari-so' (Primula modesta). The leaves are broad ovate with steep
narrow bases. It grows a flowering stalk and bloom pale magenta flowers.
[上] 長野県阿智村「ヘブンスそのはら」にて、2007年05月08日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2002年12月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp