ゆりわさび (百合山葵)

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

Wasabia tenuis

わが国の固有種で各地に分布しています。山地の谷沿いや林床に生え、高さは20〜30センチになります。葉は腎円形または卵円形で根生し長い柄があります。3月から5月ごろ、いちど伏して立ち上がった花茎の先に、小さな白い花を咲かせます。名前は、枯死した葉柄の基部が「ゆり(百合)」の鱗茎に似ていることから。 
アブラナ科ワサビ属の多年草で、学名は Wasabia tenuis。
英名はありません。 
"Yuri-wasabi" (Wasabia tenuis) belongs to the Brassicaceae (the Mustard family). It is a perennial herb that is an endemic species of Japan. This herb grows in forests and along valleys of mountains, and it can reach 20-30 cm in height. The leaves are reniform-round or ovate-round, basal and long stalked. The small white flowers bloom in the cluster atop of stand-up flowering stalks from March to May. The Japanese common name is derived from the blighted basis of petioles which resemble the shape of a bulb of lily. 
[上・中1] 長野県戸隠村戸隠「戸隠高原」にて、
2004年05月06日撮影。
[中1〜中4] 福島県いわき市「往生山」にて、2014年04月05日撮影。
[中5] 福島県いわき市川部町にて、2014年04月05日撮影。
[中6〜中10]茨城県桜川市「筑波山」にて、2014年04月12日撮影。
[中11〜13・下] 福島県いわき市「仏具山」にて、
2014年04月20日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp