ゆすらやし (ゆすら椰子)

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

Archontophoenix alexandrae

オーストラリアの東部、クイーンズランド州の北部から中部が原産で
す。海岸沿いの多雨林に生え、高さは25メートルほどになります。オ
ーストラリアではとくにポピュラーなヤシで、南方のシドニーあたりまで
見ることができます。成長が早く、1年間で30〜90センチ伸びます。
幹には葉が落ちた後の環状痕が目立ちます。葉は羽状複葉で、長
いものでは2メートル以上になります。クリーム色の花梗をのばし、紫
色の花を咲かせます。果実は球形で、熟すと鮮やかな赤色になりま
す。種名は、20世紀初頭に在位したイギリスのアレクサンドラ王妃
に因みます。
ヤシ科ユスラヤシ属の常緑高木で、学名は Archontophoenix
alexandrae。英名は Alexandra palm, Alex palm, King palm。
Alexandra palm belongs to Arecaceae (Palm family). It is an evergreen tall
tree that is native to northern and central Queensland of east Australia. This
tree occurs in coastal rainforests and can reach about 25 m in height. This
palm is extremely popular palms in Australia, where it can be found as far
south as Sydney. It is quite a fast grower, averaging about 30-90 cm per
year. Trunk is smooth and ringed with noticible leaf scars. Leaves are up to
about 2 m long and pinnately compound. Purple flowers come on the
creamy flower stalks. Fruits are round and ripen bright red at maturity. The
species is named in honour of Princess Alexandra of England.
[上・中7] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・中4] 同上にて、2005年12月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 同上にて、2006年02月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2006年02月10日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] 同上にて、2006年02月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8・下] 同上にて、2006年09月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp