ゆうがぎく (柚香菊)

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

Aster iinumae

わが国の本州、近畿地方以北に分布しています。山野に生え、高さは50〜150センチになります。地下茎を伸ばして広がります。葉は卵状長楕円形から長楕円形で、羽状に浅裂から中裂します。花に近いところでは苞状葉となります。7月から10月ごろ、枝先に直径25ミリほどの白色から淡青紫色の頭花を咲かせます。名前の由来は不明です。 
キク科シオン属の多年草で、学名は Aster iinumae。
英名はありません。 
The "Yuuga-giku" (Aster iinumae) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed northward from Kinki district of Honshu. This herb grows in fields or mountains and can reach 50-150 cm in height. It spreads by underground roots. The leaves are ovate-oblong to oblong and divided into lobes pinnately. They are bract-like near flower-heads. The white to pale bluish-purple flower-heads about 25 mm across bloom on the terminal branches from July to October. 
[上・中1] 岐阜県郡上市高鷲町「ひるがの湿原植物園」にて、
2007年09月07日撮影。
[中2〜4・中6] 長野県筑北村坂井にて、2006年08月01日撮影。
[中5・中6] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。
[中7〜中11] 茨城県北茨城市関本町才丸にて、
2013年09月08日撮影。
[中12〜中15] 山梨県上野原市「扇山」にて、
2013年09月22日撮影。
[中16〜中18] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。
[中19〜中21] 茨城県大子町大生瀬にて、2013年10月13日撮影。
[中22〜中25・下] 茨城県桜川市「筑波山」にて、
2013年11月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp