ゆずりは (譲葉)

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

Daphniphyllum macropodum

わが国の本州、福島県以西から四国・九州それに朝鮮半島南部や中国に分布しています。暖地の山地に生え、高さは10メートルほどになります。樹皮は灰褐色で縦に割れ目が入り、楕円形の皮目があります。葉は長楕円形から倒披針形で互生し、枝先に集まってつきます。5月から6月ごろ、前年枝の葉腋から総状花序をだし、花弁も萼片もない小さな花を咲かせます。果実は核果で、10月から11月ごろ藍黒色に熟します。名前は、若葉が伸びてから古い葉が落ちることから。これを親が成長した子どもに後を譲るのにたとえて、おめでたい木とされ、古くから正月飾りに使われています。 
ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木で、学名は Daphniphyllum macropodum。英名は Yuzuri-ha。 
Yuzuri-ha (Daphniphyllum macropodum) belongs to the Daphniphyllaceae family. It is a tall evergreen tree that is distributed westward from Fukushima prefecture of Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan, as well as the southern Korean Peninsula and China. This tree grows in the mountains of warm climate area and can reach about 10 m in height. The barks are grayish brown, longitudinally fissuered and have elliptical lenticels. The leaves oblong to obolanceolate, alternate and fascicled at terminal branches. The small apetalous and non-sepal flowers come on the axillary racemes in May to June. The fruits are drupes and ripen indigo black in October to November. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年04月28日撮影。
[中5] 同上にて、2006年11月29日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。
[中4] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年03月29日撮影。
[中11] 同上にて、2007年01月15日撮影。
[中6] 福井県丸岡町「福井都市緑化植物園」にて、
2002年11月09日撮影。
[中7] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。
[中8] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年07月14日撮影。
[中9・中10] 東京都江戸川区「葛西臨海公園」にて、
2008年08月03日撮影。
[中12・中13] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2015年02月01日撮影。
[中14・中15] 山形県小国町「倉手山」にて、2016年08月14日撮影。
[中16・下] 千葉県香取市大角にて、2016年05月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp