アジアンタム・ウェヌスツム

Adiantum venustum

Adiantum venustum

ヒマラヤのカシミール地方に分布しています。標高1700〜2200メートルの岩場の割れ目などに生え、高さは15〜30センチになります。羽状複葉で、春には鮮やかな淡い緑色をしています。 
ホウライシダ科ホウライシダ属の常緑シダ類で、学名は Adiantum venustum。英名は Himalayan maidenhair。 
 
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年01月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp