Botanic Garden
草花と樹木のデジタル植物園
"Botanic Garden"

Since: March 28, 2001 (揮毫: 二宮深翠)
Google
WWW を検索 BOTANIC.JP を検索
1.はじめに


  この小さな「ボタニックガーデン」は、ふだんの朝な夕なに、あるいはおもに東北地方から関東・中部・近畿地方あたりの山野や海岸、植物園などで、たまたま巡り会った草花と樹木の写真を集めた「デジタル植物園」です。カメラのファインダーでは見えなかったところも、あとで写真をゆっくり 眺めてみると新たな発見がいっぱいあります。
  子どものころにはずいぶんと植物の名前を覚えたつもりなのに、いざ自然のなかに飛びこんでみると、あまりの知らなさに戸惑いを感じます。年をとると、あの「火の鳥」のような自然に回帰するのかな。とはいえ、古稀となった今日この頃、融通無碍に生きたいと思うのも、自然の成り行きなのでしょう。


  Thank you for visiting our website. This is just a site intended to provide free information on various plants (7,211 species), and written in mainly Japanese. But we are starting to translate into English. Currently, the English version is finally completed up to 83.4 % (6,016 species).
  The motif is compassion for all living things.
  [Attention] Our "Botanic Garden" is NOT a nursery, sorry to say that we do NOT sell plants.



(May 02, 2022: "Nanatsu-mori" where seven peaks created by the volcano are lined up with pocopoco. The photo is Mt. Kamakura and Mt. Togakura. (Taiwa Town in Miyagi Prefecture)

2.検索ページと来歴

Browse by Latin Names: 「学名索引」






Browse by Japanese Names: 「和名索引」




現在 -7,211 種-
学名表記で、"sp."は〜属の一種、"ssp."は亜種、"var."は変種、"f."は品種、"cv."は栽培品種、"x"は種間交雑種、"X"は属間交雑属を表します。

Browse by Common Names: 「英名索引」





 
Currently Entries-7,211 species-
(English Version)-6,016 species-



  つぎのリンクは、海外で撮影した植物や食用作物、虫えいなどのほか、観察スポットや更新記録などを掲載しています。

What's new:

  現在-580 種-
  現在-283 種-













  植物の分類については、BGPlants 作成グループの「YList」に準じています。被子植物の分類は、クロンキストの体系(Cronquist: 1981年)です。和名や学名は、成匙(Xtianj)さんの「植物名検索」を基準に、英名(Common Name)についてはイギリスの 「Plants for a Future」、アメリカ農務省(USDA)の「Plants Database」を標準にしています。
  The classification of plants is based on "YList" of the BGPlants creation group. The classification of angiosperms is based on the Cronquist system (1981). The Japanese name and scientific name are based on "Plant name search" by Mr. Xtianj. The English name (Common Name) is based on "Plants for a Future" in the United Kingdom, and the "Plants Database" in the United States Department of Agriculture (USDA).
  植物の種名の同定にあたっては、できるだけ多くの情報に基づいて正確を期しているつもりですが、それでも誤謬があると思います。ご指摘いただければ幸いです。ただ時間があまりないので、訂正が遅くなることがありますが、ご容赦ください。

  このボタニックガーデンも、始めてからはや21年1月。よく飽きもせずにといわれますが、水と食料を詰めたデイバッグを背負って、フィールドノートを片手に、それでも黙々と撮り続けています。かなり重くなるので、現在はキヤノンのEOS5DとEF24-105mm L IS USMのセット、交換レンズのEF70-300mm DO IS USMを連れてくだけ。HTML文書の作成には、エムエディタ (EmEditor Professional)を、画像のトリミングについては、ペイントショッププロ(PaintShop Pro 2022)を使用しています。ちなみにパソコンは、2003年から塩尻市にあるエプソン(Epson)製を選択。現在は、Endeavor NJ4000Eです。

  このホームページはリンクフリーです。掲載している写真にはすべて著作権が存在します。ただ撮影者が明記されていない、わたし自身か撮影したものについては、教育や非営利目的であれば使っていただいて構いません。それ以外の目的で使用されるときは、事前に連絡をお願いします。


  The photos in this website may be used freely without copyright charges as long as they are used for educational or other non-profit purposes.
  The copyright of the photos belongs to the author. Prior permission must be obtained from shu(^^) for use of the photos in any website, textbook or other publication.



WWFジャパン公式サイト   WWF(世界自然保護基金)は、地球上の生物多様性を守り、人の暮らしが与える負荷を小さくすることによって、人と自然が調和して生きられる未来を目指しています。

rGyalmorong rGyalmorong rGyalmorong 
rGyalmorong  -女王谷-

中国・チベット自治州丹巴県
四姑娘山周辺の花図鑑
Botanical Gardens Faculty of Science Osaka City University   No War !
  Solidarity with Ukraine
PlantInfo of Taiwan
We stand in full solidarity with the Ukrainian nation. Nothing can justify the military aggression that Russia has carried out against Ukraine. And we must stop Russian imperialism in the 21st century.

  私たちは、ウクライナ国民と完全に連帯しています。 ロシアがウクライナに対して行った軍事侵略を正当化するものは何もありません。そして21世紀のロシア帝国主義を阻止しなければなりません。

Tore-Tate.comWeblioEmEditorNextFTPValid HTML 4.01!


May 02, 2022: Yamabuki-so at Nanatsu-mori (Taiwa Town in Miyagi Prefecture).)


Last modified: May 16, 2022  


3.反戦・反核・反原発そして福島
4.大好きな歌と人たち、そして私
5.すずらん農園の今
  東北地方南部にある標高200メートルの台地では、初夏の彩りとなってきました。チューリップの花が終わったら、後作に、さといもやしょうが、さつまいも、トマトの定植となります。
  育苗中:ねぎ、トマト、なす、ピーマン、とうがらし、みつば、パセリ、マリーゴールド、すいか、オクラ、いんげんまめ、セロリ、きゅうり、しろうり、にがうり、かぼちゃ、しそ、バジル、つるむらさき、さといも、しょうが、さつまいも、ズッキーニ












(180平米、宮城県川崎町、2022年05月12日)
Counter:アクセスカウンター

Visitor hits (February 8, 2003)

Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.

Shu Suehiro
shu@botanic.jp