エランテス・グランディフローラ

Aeranthes grandiflora

Aeranthes grandiflora

マダガスカルが原産です。常緑樹に着生し、広線形の葉が束生します。夏から秋にかけて、細長い花茎を伸ばし、茎頂にクリーム色から黄色の花を咲かせます。英国王立キュー植物園によれば、ヨーロッパに導入された最初のマダガスカル産のランです。 
ラン科エランテス属の常緑多年草で、学名は Aeranthes grandiflora。英名はありません。 
 
京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp