アコン

Calotropis gigantea

Calotropis gigantea

Calotropis gigantea

Calotropis gigantea

Calotropis gigantea

Calotropis gigantea

Calotropis gigantea

Calotropis gigantea

Calotropis gigantea

インドから東南アジアに分布しています。乾燥地帯に生え、高さは3メートルほどになります。葉は大きなへら形で、葉脈が目立ちます。傷つけると毒性のある白い乳汁をだします。枝先の花序に、白色または藤色の王冠のような花を咲かせます。この花はハワイやタヒチではレイに使われています。バングラデシュでは、この根は「アコンド(Akondo)」または「アクンダ(Akunda)」と呼ばれ、民間薬として利用しています。和名はこのバングラデシュ名からでしょうか。別名で「クラウンフラワー」とも呼ばれます。 
ガガイモ科カロトロピス属の常緑低木で、学名は Calotropis gigantea。英名は Crown flower、Giant milkweed。 
Crown flower (Calotropis gigantea) belongs to the Asclepiadaceae (the Milkweed family). It is a small evergreen tree that is native from India to South East Asia. This tree grows in arid areas and can reach around 3 m in height. The leaves are large spatulate with visible veins. The poisonous white saps ooze when the branches or leaves are injured. The white or lavender, crown-like flowers bloom in the terminal clusters. They are used as lei in the Hawaii and Tahichi. In Bangladesh, the roots of Crown flower are called "Akindo" or "Akunda", and used in folk medicine. 
[上] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月30日撮影。
[中1] 同上にて、2005年06月10日撮影。
[中2] 同上にて、2005年11月14日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2006年10月03日撮影。
[中5〜中7] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・フロリダ州「フロリダ植物園」にて、2011年05月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp