アルケア・フィキフォリア

Alcea ficifolia

Alcea ficifolia

ロシアのシベリア南部が原産のようです。16世紀ごろから栽培されていたといいます。「たちあおい(立葵)」の仲間で、高さは1.5〜1.8メートルになります。よく分枝して、葉は「いちじく(無花果)」のように掌状に分裂します。6月から8月ごろ、黄色から白色の花を咲かせます。 
アオイ科タチアオイ属の多年草で、学名は Alcea ficifolia。英名は Figleaf hollyhock、Antwerp hollyhock。 
 
アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp