アリウム・スファエロセパルム

Allium sphaerosepalum

Allium sphaerosepalum

ヨーロッパが原産です。茎は筒状で直立し、高さが60〜100センチになります。7月から8月ごろ、球状花序に赤紫色の花を咲かせます。切り花にもよく利用されます。花序の頂部から赤く色づくことから、「丹頂(たんちょう)」の別名もあります。 
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium sphaerosepalum。英名は Round-headed leek。 
 
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2003年06月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp