アロエ・シンカタナ

Aloe sinkatana

Aloe sinkatana

北アフリカのスーダンが原産です。標高1000メートルほどの山地に分布しています。白い斑入りのロゼットが群生し、高さは30〜60センチほどになります。冬の1月ごろから、ピラミッド形の花序に暗い黄色または明るい橙色の花を咲かせます。花はハミングバードによって受粉されます。 
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe sinkatana。英名はありません。 
 
京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2004年11月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp