アメリカあぜな (アメリカ畔菜)

Lindernia dubia var. major

Lindernia dubia var. major

Lindernia dubia var. major

Lindernia dubia var. major

北アメリカが原産です。現在ではわが国をはじめ、アジアや南ヨーロッパに広く帰化しています。水田などの湿り気のある場所に生え、高さは10〜30センチほどになります。葉は長楕円形で対生し、縁には浅い鋸歯があります。8月から10月ごろ、小さな淡紫色の花を咲かせます。唇形花で、上唇は浅く2裂し、下唇は大きく3裂します。 
ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属の一年草で、学名は Lindernia dubia var. major。英名は Yellowseed false pimpernel。 
The Yellowseed false pimpernel (Lindernia dubia var. major) belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is an annual herb that is native to North America. It is now widely naturalized in Japan, Asia, and southern Europe. It grows in damp places such as rice paddies and grows 10 to 30 cm tall. It produces small, pale purple flowers from August to October. The flowers are labiate, with the upper lip having two shallow lobes and the lower lip having three large lobes. 
[上] 大阪府交野市私市にて、2003年09月07日撮影。
[中1] 同上にて、2003年09月14日撮影。
[中2・下] 宮城県川崎町支倉にて、2022年07月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp