アメリカひるぎ (アメリカ漂木) [Index] [Back]

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

Rhizophora mangle

熱帯地域の全体に分布しています。海岸沿いにある、汽水域や沼のような塩性湿地によく育ちます。この樹木は、水面上にアーチ状になった支持気根の上に育ちます。根はふつう砂や粘土の基盤に沈められているため、波からの保護が可能となってます。この樹木は、高さ10〜20メートルになります。樹皮は厚く、灰褐色をしています。葉は楕円形で、縁は滑らかです。春に淡いピンク色の花をつけます。その胎生の「種子」、実際は珠芽と呼ばれますが、親の樹木から落下するまでには、十分に成長しきった植物になります。 
ヒルギ科ヤエヤマヒルギ属の常緑高木で、学名は Rhizophora mangle。英名は Red mangrove。 
Red mangrove (Rhizophora mangle) belongs to the Rhizophoraceae (the Mangrove family). It is a tall evergreen tre that is distributed throughout the tropics. It thrives on coastlines in brackish water and in swampy salt marshes. This tree grows on aerial prop roots, which arch above the water level. The roots are usually sunk in a sand or clay base, which allows for some protection from the waves. This tree grows up to a height of 10-20 m. Its bark is thick and a gray-brown color. The leaves are elliptic with smooth margins. It produces pale pink flowers in the spring. Its viviparous "seeds," in actuality called propagules, become fully mature plants before dropping off the parent tree. 
[上・中1〜6] アメリカ・フロリダ州「ディン・ダーリン国立野生生物保護区」にて、2011年09月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜8・下] 同上にて、2011年09月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp