アナファリス・トリプリネルウィス

Anaphalis triplinervis

Anaphalis triplinervis

ヒマラヤの東部と西部、それにネパールやチベットに分布しています。標高1500〜5500メートルの岩礫地の斜面に生え、高さは30〜60センチになります。葉は披針形で、ビロード状の毛が生えています。夏の終わりに、茎の先に白い苞に包まれた花を咲かせます。舌状花はありません。 
キク科ヤマハハコ属の多年草で、学名は Anaphalis triplinervis。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年09月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp