アニスヒソップ

Agastache foeniculum

Agastache foeniculum

カナダの南部からアメリカ北部に分布しています。乾燥した潅木帯や草原などに生え、高さは90センチほどになります。葉は卵形で先端が尖り、縁には鋸歯があって対生します。全体に「アニス(Pimpinella anisum)」のような芳香があります。6月から10月ごろ、枝先に穂状花序をだし、紫色から白色の小さな唇形花を咲かせます。葉はハーブティーやサラダに利用されます。インディアンの人々は咳止め薬としたそうです。 
シソ科カワミドリ属の多年草で、学名は Agastache foeniculum。英名は Anise hyssop、Blue giant hyssop。 
 
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp