アノダ・クリスタータ

Anoda cristata

Anoda cristata

Anoda cristata

Anoda cristata

アメリカの南西部から中央アメリカに分布しています。高さは60〜120センチになります。葉や茎には剛毛が生え、花は6月ごろから霜の降りるまで咲き続けます。花は淡い赤紫色で切り花にも使えますが、一日花です。霜が降りると地上部は枯れますが、凍上しなければ越冬します。英名は、種子のかたちが拍車(spur)に似ていることから。 
アオイ科アノダ属の多年草で、学名は Anoda cristata。英名は Spurred anoda。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年08月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp