あしたかじゃこうそう (愛鷹麝香草)

Chelonopsis yagiharana

Chelonopsis yagiharana

Chelonopsis yagiharana

わが国の本州、関東地方西部から東海地方それに四国の愛媛県に分布しています。山地の谷間に生え、高さは20〜40センチになります。「じゃこうそう(麝香草)」に比べて小さく、全体に毛が生えます。葉は卵形で対生し、縁には粗い鋸歯があります。8月から10月ごろ、葉腋から花柄を伸ばし、濃紅紫色の唇形花を咲かせます。名前は静岡県の愛鷹山に因みます。 
シソ科ジャコウソウ属の多年草で、学名は Chelonopsis yagiharana。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年07月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp