アショカのき (アショカの木)

Polyalthia longifolia

Polyalthia longifolia

Polyalthia longifolia

インドとスリランカに分布しています。高さは7.5メートルほどで、枝が枝垂れて円柱形の樹冠となります。葉は細長くて光沢があり、縁が波打ちます。春、淡い緑色の星形の花を咲かせます。名前は、仏教に帰依したアショカ王に因みます。幹が真っ直ぐに伸び、むかしは帆船のマストに使われたため、「マストツリー」とも呼ばれます。 
バンレイシ科ポリアルティア属の常緑低木で、学名は Polyalthia longifolia。英名は Asoka、Mast tree。 
 
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2006年01月12日撮影。
[中・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年01月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp