アステリア・ネルウォーサ

Astelia nervosa

Astelia nervosa

ニュージーランドが原産です。南北両島それにスチュアート島の低地から山地帯の湿地に生え、高さは80センチほどになります。葉は強靱で50〜150センチの長さがあり、弓なりに叢生します。11月から12月ごろ、花茎を伸ばして目立たない花を咲かせ、2月から3月ごろ、果実が朱橙色から赤色に熟します。 
リュウゼツラン科アステリア属の常緑多年草で、学名は Astelia nervosa。英名はありません。 
The Astelia nervosa belongs to Agavaceae (the Agave family). It is an evergreen perennial herb that is native to New Zealand. It grows in lowland to montane swamps on both North and South Island and Stewart Island, growing to about 80 cm tall. The leaves are tough, 50 to 150 cm long, and grow in arching clusters. Around November to December, the flower stalks grow and produce inconspicuous flowers, and the fruits ripen from vermilion-orange to red around February to March. 
ニュージーランド・ウェストコースト地方フォックスグレイシャー村にて、2003年12月31日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp