あずましゃくなげ (東石楠花)

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

Rhododendron degronianum

わが国の本州、中部地方以北から東北地方に分布しています。山地帯から亜高山帯に生え、高さは2〜3メートルになります。葉は長楕円形で光沢があり皮質です。裏面には灰褐色の軟毛が密生します。4月から6月ごろ、淡い紅色の花を咲かせます。花冠は5裂し、10個の雄しべがあります。ふつうに「しゃくなげ」というと、この種のことです。 
ツツジ科ツツジ属の常緑低木で、学名は Rhododendron degronianum。英名はありません。 
"Azuma-shakunage" (Rhododendron degronianum) belongs to Ericaceae (the Azalea family). It is a small evergreen tree that is distributed northward from Chubu district to Tohoku district of Hanshu. This tree grows in mountain to sub-alpine zone, and it can reach 2-3 m in height. The leaves are oblong, glossy and leathery. They are covered thickly with grayish brown, soft hairs at the underside. The pale rose pink flowers bloom from April to June. The corolla is 5 partite and has 10 stamens. 
[上・中1] 富山県大山町有峰「祖父(じい)岳東斜面」にて、2003年07月20日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中2〜中8] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月24日撮影。
[中9〜中12] 同上にて、2015年05月31日撮影。(photo by Aya Seko)
[中13・中14] 同上にて、2018年05月02日撮影。
[中20・中21] 同上にて、2019年05月03日撮影。
[中22] 同上にて、2019年05月04日撮影。
[中23] 同上にて、2019年05月12日撮影。
[中15・中16] 山形県小国町小玉川「倉手山」にて、2018年10月21日撮影。
[中17〜中19] 山形市山寺「北面白山」にて、2018年11月16日撮影。
[中24〜26・下] 宮城県蔵王町「南蔵王」にて、2020年06月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp