イースタンワーフー

Euonymus atropurpureus

アメリカの東部から中部に分布しています。灌木帯や谷間、林縁などの湿ったところに生え、高さは6メートルほどになります。樹皮は灰色で平滑、わずかに割れ目が入ります。葉は楕円形で先端が尖り対生します。秋には黄葉します。晩春から初夏にかけて、長い花柄の先に暗赤色の花を咲かせます。果実は刮ハで発達した翼が4個あり、裂開すると赤色の仮種皮に包まれた種子がのぞきます。アメリカインディアンの人々や開拓者たちは、この樹皮を粉末にして下剤に使ったそうです。 
ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木で、学名は Euonymus atropurpureus。英名は Eastern Wahoo、Eastern Burningbush。 
 
アメリカ・アーカンソー州「クイーンウィルヘルミナ州立公園」にて、2005年10月30日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp