エケベリア・アガウォイデス

Echeveria agavoides cv.

Echeveria agavoides cv.

メキシコのサンルイスポトシ(San Luis Potosi)が原産です。多肉質の葉がロゼットを形成し、直径20センチほどになります。夏、50センチにもなる長い花茎を伸ばし、紅赤色の花を咲かせます。花冠の先端は5裂し、内側は濃い黄色です。園芸品種では、葉縁が赤色を帯びる「リップスティック(cv. Lipstick)」や、濃褐色を帯びる「エボニー(cv. Ebony)」などがあります。写真は園芸品種の一種。 
ベンケイソウ科エケベリア属の常緑多年草で、学名は Echeveria agavoides。英名は Molded wax agave。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp