エキノプシス・オキシゴナ (旺盛丸) [Index] [Back]

Echinopsis oxygona

Echinopsis oxygona

ブラジル南部からウルグアイ、アルゼンチン北部に分布しています。高さは25センチほどになり、大きな群落を形成します。中棘は2〜5個、縁棘は5〜15個あります。6月から7月ごろ、長さ22センチほどのピンク色の花を咲かせます。園芸上は「おうせいまる(旺盛丸)」と呼ばれます。
サボテン科エキノプシス属の球状サボテンで、学名は Echinopsis oxygona。英名は Easter lily cactus。
Easter lily cactus (Echinopsis oxygona) belongs to Cactaceae (the Cactus family). It is a spherical cactus that is native to South America; from southern Brazil to Uruguay and northern Argentina. This cactus can reach about 25 cm in height, and forms large clumps. It has 2-5 central spines and 5-15 radial spines. The pink flowers about 22 cm long come in June to July.
スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp