エケベリア・パルリダ (霜の鶴)

Echeveria pallida

Echeveria pallida

メキシコ南部のチアバス州が原産です。ロゼットは緩やかで、高さ15センチ、直径25センチほどになります。明るい緑色の葉はほとんど円形で、冬には淡い紅色を帯びます。冬に長い花茎を伸ばして、ピンク色の花を咲かせます。園芸上は「しものつる(霜の鶴)」と呼ばれます。 
ベンケイソウ科エケベリア属の常緑多年草で、学名は Echeveria pallida。英名はありません。 
 
アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、2004年03月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp