エパクリス・レクリナータ

Epacris reclinata

オーストラリアの東部、シドニーの西にあるブルーマウンテン(Blue Mountains)に分布しています。砂岩地帯の湿ったところに生え、高さは1メートルほどになります。葉は卵状または卵状披針形で、茎に密生します。秋から春にかけて、葉腋から花序をだし、ピンクから赤色の筒状花を咲かせます。 
エパクリス科エパクリス属の常緑小低木で、学名は Epacris reclinata。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月30日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp