エピデンドルム・アラツム

Epidendrum alatum

Epidendrum alatum

メキシコからニカラグア、グアテマラに分布しています。偽鱗茎は樹木などに着生し、高さは60センチほどになります。60〜90センチにもなる長い花茎を伸ばして、円錐花序をつけ、黄白色で先端が栗色と褐色の花を咲かせます。唇弁は先端で広がり、縞模様になっています。 
ラン科エピデンドルム属の常緑多年草で、学名は Epidendrum alatum。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp