えぞのりゅうきんか (蝦夷の立金花)

Caltha palustris var. barthei

Caltha palustris var. barthei

わが国の本州北部から北海道、千島列島それにサハリンや東アジアに分布しています。亜高山帯から高山帯の小川の縁に生え、高さは50〜80センチになります。「りゅうきんか(立金花)」よりも大型で、葉の縁には三角形のそろった鋸歯があります。7月から8月上旬、花茎を伸ばして鮮やかな黄色い花を咲かせます。花弁はなく、花弁のように見えるのは萼片です。 
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草で、学名は Caltha palustris var. barthei。英名はありません。 
 
秋田県由利本荘市矢島町「竜ヶ原湿原」にて、2005年07月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp