えぞすかしゆり (蝦夷透かし百合)

Lilium maculatum ssp. dauricum

Lilium maculatum ssp. dauricum

わが国の北海道にだけ分布しています。海岸の砂地や草原に生え、高さは90センチほどになります。6月から7月ごろ、橙朱色にそばかすのような斑点がある花を咲かせます。花柄やつぼみには白い綿毛があります。名前は、花弁のあいだに透き間があることから。アイヌ語では「まさろるんべ」と呼ばれ、鱗茎が食用にされていました。 
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium maculatum ssp. dauricum。英名はありません。 
 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月08日撮影。
[下] 同上にて、2004年09月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp