いぼたひょうたんぼく (水蝋瓢箪木)

Lonicera demissa

Lonicera demissa

わが国の固有種で、本州の山梨県から長野・静岡県に分布しています。フォッサマグナ要素の植物のひとつです。山地に生え、高さは1〜4メートルになります。葉は長楕円形で対生し、「いぼたのき(水蝋の木)」に似ています。5月から6月ごろ、枝先の葉腋に淡黄色の花を2個ずつ咲かせます。果実は液果で9月から10月に真っ赤に熟します。2個並んでつきますが合着しません。 
スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木で、学名は Lonicera demissa。英名はありません。 
 
長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、2005年09月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp