いぶきあざみ (伊吹薊)

Cirsium confertissimum var. herbicola

Cirsium confertissimum var. herbicola

Cirsium confertissimum var. herbicola

わが国の本州、伊吹山地と鈴鹿山地の北部に分布しています。「こいぶきあざみ(小伊吹薊)」と「ひめあざみ(姫薊)」との中間型とされ、山地帯の草地に生えて高さは1メートルほどになります。茎葉は長楕円形で羽状に中裂します。8月から10月ごろ、分枝した枝先に淡紫紅色の花を咲かせます。伊吹山では中腹から山麓に多いとのことです。撮影したのは、登山道の北尾根分岐点付近。 
キク科アザミ属の多年草で、学名は Cirsium confertissimum var. herbicola。英名はありません。 
 
岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、2005年10月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp