インコアナナス

Vriesea x poelmannii

Vriesea x poelmannii

Vriesea x poelmannii

ブラジルが原産の「インコアナナス(Vriesea carinata)」の園芸品種です。今では「おおインコアナナス」とも呼ばれています。葉は薄くて幅広く、花弁は黄色で、苞の色は鮮紅色からオレンジ色まで多彩です。花苞と花弁がインコの頭に似ているところから名づけられました。 
パイナップル科インコアナナス属の常緑多年草で、学名は Vriesea x poelmannii。英名は Lobster claws。 
 
[上] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、2005年01月20日撮影。
[中] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年10月22日撮影。
[下] 愛知県豊橋市「豊橋総合動植物公園」にて、2002年03月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp