いちようらん (一葉蘭)

Dactylostalix ringens

Dactylostalix ringens

わが国の各地と千島列島の南部に分布しています。一属一種で、わが国の固有種です。深山の林内に生え、高さは10〜20センチになります。葉は根茎から1個でます。5月から7月ごろ、花茎を伸ばして小さな花を咲かせます。唇弁は3裂し、中裂片は大きく白色で紫色の斑点があります。側弁や萼片は淡い緑色です。 
ラン科イチヨウラン属の多年草で、学名は Dactylostalix ringens。英名はありません。 
 
[上] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、2004年07月03日撮影。
[下] 同上にて、2005年07月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp