いわおもだか (岩面高)

Pyrrosia hastata

Pyrrosia hastata

わが国の各地と朝鮮半島、中国に分布しています。山地にある樹木の幹や岩のうえに着生します。根茎は這って、長い葉柄の先に鉾形の葉身がでています。ソーラス(胞子嚢群)は、葉の裏一面につきます。名前は、葉のかたちが湿地に生える「おもだか(面高)」に似ていることから。 
ウラボシ科ヒトツバ属の常緑シダ類で、学名は Pyrrosia hastata。英名は Felt fern。 
 
静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp