おになべな (鬼なべな)

Dipsacus fullonum

ヨーロッパから西アジアに分布しています。草地や林縁などに生え、高さは1.8メートルほどになります。茎には細かい剛毛が密生し、葉は披針形で対生します。7月から8月ごろ、茎頂に円筒形の頭花をつけ、薄紫色の花を咲かせます。果穂の小苞片は強靱で、先端が鉤状に曲がり、これがラシャを製造する過程での起毛に使われます。わが国でも大阪の泉州地域で栽培されていたといいます。別名で「ラシャかきそう(羅紗掻き草)」とも呼ばれます。 
マツムシソウ科ナベナ属の二年草で、学名は Dipsacus fullonum。英名は Teasel。 
 
ベルギー・エノー州モンス市郊外にて、200-年--月--日撮影。(photo by Benoît Durieux) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp