おおばあさがお (大葉朝顔)

Argyreia nervosa

Argyreia nervosa

Argyreia nervosa

インドの東部からバングラデシュに分布しています。現在では、熱帯の各地で観賞用に栽培されています。蔓性で、他の樹木などに絡みつき、長さは9メートル以上になります。葉は心形で長さは15〜25センチあり、裏面や葉柄に白い軟毛が生えます。春から夏にかけて、葉腋から集散花序をだし、藤色からピンク色の花を咲かせます。インドでは、若葉や芽を野菜として利用し、根を強壮剤やリュウマチの民間薬とするそうです。別名で「ぎんようあさがお(銀葉朝顔)」とも呼ばれます。 
ヒルガオ科オオバアサガオ属の常緑蔓性木本で、学名は Argyreia nervosa。英名は Elephant creeper、Silver morning glory 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年10月05日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp